残業と副業。どっちがあなたの収入アップに繋がるのか?【根本問題の解決法】

副業

どうもこんにちは、戸辺ケイジです。

会社員をやっていて、最も多く、そして深い悩みとはなにか…
それはおそらく「収入面による悩み」ではないかと思います。

というのも、会社員が収入による悩みが深くなる理由としては、主要国家の中でも「日本」だけが賃上げがされていないからなんですね。

上記にある「OECDのデータ」からも分かるように、35カ国中「日本」だけが唯一プラスに転じておらず、マイナスをたどっている一方なんです。

とはいえ、賃金が上がらないわりには生活費や税金は上がっていたりするので、日本の会社員は「とにかく収入を増やしていきたい」と考えてしまうのは仕方ありません。

そんな中でも、一つの会社でひたむきに頑張っている人ほど、収入がなかなか上がらない問題に直面していたりするはず。

なぜかといえば、どんなに会社で実績を残したとしても、それだけで収入が上がることってほとんど無いからです。

その理由としては主に、

  • 会社の規定である賃金テーブルに縛られることになるか
  • 会社そのものに伸びしろが無く、時代の流れと共に衰退していっているか

こういったことが、多くの日本企業に当てはまってしまうからです。

まぁ私も同じような経験をしていますが、そういった会社に居続けるだけでは収入ってほとんど上がらないものなんですよね。

勤続年数が10年経っても、家族手当を除いた収入アップはわずか「5万円」程ですから、何ともむなしいものです。(苦笑)

で、そんなときに手っ取り早く収入を上げる方法で、よくやってしまいがちなのが「残業」だったりします。

もちろん残業自体が悪いことではないですし、すぐにお金を手に入れたいときやその仕事に熱中しているときは、むしろ全然「アリ」だと思います。

もし、あなたが正社員として働いているならば、新規でアルバイトするよりも断然稼げるでしょうし。

しかし、収入を増やすためだけに「残業をやり続ける」というのであれば、私はあまりオススメしません。

なぜなら、残業はあくまで一時的な収入アップの手法であり、持続的なものではないからです。

であるならば、一時的ではない収入アップを掴み取る為に、残業ではなく「副業」をするべきなのかというと、その通りだと私は思っています。

ではなぜ、私が残業をやり続けることをオススメしないのか、どうして残業よりも副業のほうが収入アップの解決に至るのか、その詳細をお話していきます。

収入をアップさせるなら残業か?副業か?

結論からいうと、「副業」一択ですね。
残業では根本的な問題を解決できません。

収入をより多くもらうだけなら「残業」でも可能なんですが、やはりそれは一時的なものでしかありません。

言ってしまえば、「一時しのぎ」というやつです。
つまり、継続してお金を手に入れることはできないということになります。

その理由は後ほど詳しく説明しますが、残業というものには持続性といったものは皆無です。

私が思う根本的な解決とは、まさにこの「持続的な収入」になるかどうかなんですね。

今の日本の会社員では給与体制は変わらないまま

まず、冒頭でも触れた「日本の会社員の賃上げ事情」を見ていきたいと思います。

多くの場合、「収入が上がったな」と実感できる時って、おそらくこの「3パターン」ぐらいしかありません。

  • 一年後の昇給
  • 役職手当
  • 特別手当(技術手当等)

では、一つずつ見ていきましょう。

ぶっちゃけ昇給は「お気持ち」です

まず昇給についてですが、ほとんどの会社では極端にグーンと上がることはありません。

一年間、それなりに仕事をこなして会社に貢献したとして、さて昇給の額はいくら上がったか?
と思って見てみると、3,000円…多い年で5,000円とか、そんなもんなんですよね。(苦笑)

私がいた会社の場合は、極端に少ないのかもしれませんが…
まぁどこも似たり寄ったりでしょう。

しかも年に一回ということなので、ほとんど「お気持ち」みたいなものなんですよね。

まずはスキルアップを狙い、次に役職(ポジション)を狙う

次に、役職手当特別(技術)手当といったものがありますが、これは肩書がついたり仕事を覚えたりしたときに付くものですね。

これがいわゆる「出世」というものでして、たいてい収入を増やすためには”ここ”を狙います。

しかし、多くの日本企業は年功序列に沿って賃金テーブルが決まっていたりするので、どうしても時間がかかってしまうことが懸念点として残ります。

つまり、いくらスキルを身に付けて社内で実績をたくさん残したとしても、短期間で役職をポンポン上がっていくことは難しいということ。

多くの場合、5年を越えたところで係長クラス。
数十年先で、ようやく部長などの管理職に就けるといった感じになるでしょう。

やはり1〜2年でどうこうなるものでもありませんし、たとえ係長に昇っても「2〜3万円」増えればいいとこです。

そうなると、目先で給料を増やす方法といえば、「残業」ということになりますが…

残業で手に入れた収入は持続的ではない

残業というのは基本的に、「自分の時間を切り売りしている」ということになります。
余分に働いた分だけ、お金を支給してもらえるだけの話ですね。

しかも、残業を多くしたからといって、その後の収入に影響があるかというと、必ずしもそうとは言い切れません。

  • 残業を多くしたから出世できる…?
  • 残業を多くしたから昇給やボーナスが増える…?

こんな感じで、残業というのは今でも賛否両論ある課題の一つです。

さらに懸念点になるのが、この残業で稼いだ収入に依存したままで生活し続けてしまうと、メチャクチャ危険だということです。

なぜかというと、会社にとって残業をしてもらう必要性がなくなってしまったり、家庭の事情で残業ができなくなった場合には、その分が一切支給されなくなってしまうからです。

残業を止めれば残業代は入らない、当然の話ですよね。

これを理解しないまま残業をし続けてしまうと、自分の年収が上がったと錯覚してしまいます。

また、同時に生活水準も上げてしまったりしていると、後で取り返しのつかないことになってしまうことも。

残業は根本的な収入アップにはなっていない

過去に私も、月に5万から10万ほど、残業代で稼いでいたことがあります。
仮に毎月10万ずつ残業代を支給されていたとすれば、年収で120万も増える計算になるんです。

年収400万の人に比べて年収500万超えと聞くと、収入が高いように感じるかもしれませんが、実は全くそうではないことが分かりますね。

  • 毎月残業すれば年収500万
  • 残業しないで定時帰宅で年収400万

どちらも同じ収入基準であって、根本的な年収アップには繋がっていないということになります。

ですから、残業手当というのはあくまでも、「収入を増やす一時的な手段」といった認識でおいておいた方が無難だということですね。

そうであるならば、残業は一時的、昇給も手当も時間がかかりすぎる…どうしたらいいの?
ということになるわけですが…

私はこの悩みを「副業」を通して解決してきました。

戸辺が残業ではなく副業にシフトしていった結果…

副業で始めたネットビジネスを通して、「事業収入」が得られるようになりました。

つまり、これは会社からの給料ではなく、自らの手で稼いだお金(収入)だということです。

残業では、いくらそこに時間を費やしていたとしても、それはあくまで会社から支給されるお金。
個人で稼ぎ出したお金ではないんですよね。

そのことが理解できるようになってから私は、残業時間を最小限に抑えて、その余った時間を「副業」に当てるようにしてきました。

  • 数年前の私 →毎月50時間の「残業」
  • 今現在の私 →毎月50時間の「副業」

はじめは残業のように、「働いた時間の分だけお金が入る」ということが全くなかったので、正直シンドかったですが、徐々にそこ(事業)からの収入も入ってくるようになりました。

その甲斐もあって、今では残業をほとんどやらなくても、当時の残業代を上回る収入を半自動で稼ぎ出せています。

この半自動で収入が増えるというのが、とても重要なポイントだと言えますね。

半自動で稼げる仕組み作りさえしてしまえば、あとは放っておいても収入を増やし続けることも夢ではありません。

もちろん、これは私がそうだったように、仕組み作りというのは「副業」からでも実践可能なことなんです。

やり始める副業によっては際限なく収入を上げられる

副業が解禁された今の時代、その種類も様々にあると思いますが、私は「ネットビジネス」を副業としたものを断然オススメしています。

なぜかというと、

  • ネットビジネスにはまだまだ伸びしろ(需要)があり、
  • パソコン一台持っていれば誰でもどこにいても始められて、
  • 利益率の高い(リターン)ものが多いから…

なんですね。

ちなみに、私がなぜ「ネットビジネス」を選んだか?
そのキッカケや動機などについては、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

ビジネス経験「無し」の30代サラリーマンが「副業」で収益を手にするまでの経緯。
はじめまして! このブログ【4papaBlog】を管理・運営している「戸辺ケイジ」です! 数あるブログの中から、このブログに興味を持ってくださりありがとうございます。 私は現在、ほぼ群馬よりの埼玉に在住してまして、1986年生...

インターネットを活用したビジネスは、これからもまだまだ幅広く横展開していくことになるでしょうし、サラリーマンの副業としては間違いなく最適だと言えますよ。

なぜなら、これからはAIや次世代通信システム「5G」、さらにはブロックチェーンといった「インターネットを根幹」とするものが、猛スピードで加速し続けているからです。

時代の流れがあるものには、人々の関心や興味付けがそこに流れていくということになりますから、ビジネスにおいても当然伸びしろがあるということになります。

その最たる例としては、大人気ユーチューバーとして有名な『ヒカキン』さんです。
彼も「YouTube」という時代の流れに乗った、成功者の一人と言えるでしょう。

とはいえ、彼の過去をよくよく探ってみると、元々は会社員として働いていたんですね。

しかしその一方で、動画をコツコツと上げ続けていった結果、「今のヒカキン」さんがあるわけです。

まぁ要するに、ブログやYouTubeのようなコンテンツが蓄積するタイプのネットビジネスは、副業としても最適だし仕組み化しやすいということですね。

私は「ブログ」×「メルマガ」で仕組み化してますが、作成してきたコンテンツが読まれ続けていますよ。

これが、「残業」と「副業」の大きな違いだといえますね。

残業と副業の大きな違い、それは事業収入が得られるかどうか

先の通り、私自身も残業する時間を副業に当てることによって、時間を切り売りしなくても収入が入るようになりました。

残業というのは、どうしても時間という制限がかかってしまいますが、副業を通して仕組み化することが出来れば、半自動的な収入も見込めたりもします。

つまり、時間を費やす労働とは関係なく、持続的な収益も得られるということですね。

それを土台にしてしまえば、

  • 会社員で安定収入を得ながら、副業でも収入を増やしていく
  • 副業で始めたビジネスだけに注力し、更なる収入アップを図る

といった道を、「自由」に選択することも出来るわけです。

残業では得られないものを、副業では得られたりします。

そうやって得られたもので、あなたの悩みの根本問題を解決できるのであれば、徐々にそちら側にシフトしていく方が賢い選択と言えるかもしれませんね。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。
お問い合わせや相談はコチラからいつでもどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました