【2019年最新版】tokenPocketの登録とDappsの使い方【レビューあり】

ケイジ

みなさんこんにちは、ケイジです。
Dappsにハマってます。

  • ブロックチェーンゲームを一括りで管理したいな…
  • ブラウザをいちいち立ち上げるのは面倒くさいな…
  • 手持ちの資産を一目で可視化したいな…

こんな方のために、Dappsを便利に使いこなせるアプリ『tokenPocket』を紹介します。

たくさんの機能が備わっているので、これ一つ入れておくだけで快適にDapps生活を送れるでしょう。
ちなみに『日本語』表記なので、安心して使えます。

実際に私が使っている中で、メリットもあればデメリットも感じたので、その点も含めて解説していきます。

tokenPocketの登録の仕方

まずはアプリをダウンロード、インストールしていきます。

TokenPocket

TokenPocket

TOKEN POCKET INC.無料posted withアプリーチ


インストールが完了したら、以下の手順で進めていきます。
はじめてウォレットを作られる方は、【ウォレットを作成】から。

これはウォレット(お財布&アカウント)のパスワードなため、運営側でも再発行することが出来ません。
パスワードの使い回しはせずに、慎重に設定し保管してあげましょう。


ウォレットを既に持っている方は、【ウォレットをインポート】をしましょう。

【キーストア】は『QRコード』ボタンからでも読み取れます。

インポートはこれで完了です。次にバックアップを取る方法です。

tokenPocketでバックアップを取る方法

バックアップは必ず取っておきましょう。
スマホを紛失してしまったり、誤ってアプリを消してしまった場合に、ウォレットの復帰が不可能になります。


手順は以下の通りです。

【歯車】の設定から【三点ボタン】⇒項目はすべて無視し【キーストアをバックアップ】をタップ。
ウォレットのパスワードを入力し、バックアップを取りましょう。

保管場所は一時的にメモ等に置いておいてもOKですが、USBなどの外部メモリに入れておくと安全です。

これで、ウォレットの一連の操作は完了です。
次に、tokenPocketの『使い方』の説明をしていきます。

tokenPocketの使い方

tokenPocketはシンプルで、かつ『日本語』表記のアプリなので、そこまで迷うことなく使えると思います。

使用できる機能は下記の通り。

  • 手持ちの資産を可視化できる
  • 銘柄を簡単に切り替えられる
  • 送金・受け取りが行なえる
  • トランザクション履歴が見れる
  • 様々なDappsと紐づいている

それぞれの機能の紹介とレビューをしていきます。

手持ち資産の残高を可視化し『JPY』表記してくれる

現在のレートで日本円『JPY』に換算してくれます。

銘柄(ETHなど)だけ表示されていても、私たちにはなかなか馴染めなかったりします。
ひとめ見ただけでは、どれぐらいの資産を保有しているか分かりづらいこともあるので、この機能は非常にありがたいですね。

私もよくこの画面を見ながら、レートの確認と資産の推移を確認しています。

表示したい銘柄を自由にカスタマイズできる

表示したい、表示したくない銘柄を簡単に切り替えることができます。

【トークンを追加】から自由にカスタマイズできるので、ETH以外にも表示させたい銘柄があるときは便利です。
元から表示されている『PLAY.DAPCAR.IO』も、ここで表示を解除できます。

他の資産表示アプリですと、何をペアにするかで微妙に相場が変わってくることもあり、取引所と銘柄が複雑に絡み合っていました。

tokenPocketでは、ただ銘柄を選択するだけで相場が表示されます。
その相場にどこまで信ぴょう性があるのかは不明ですが、そこまで大きくズレるということはないはずです。

だいたいの相場と『JPY』換算を知るだけなら十分でしょう。

送金・受け取り機能も付いている

  • 相場をチェックするアプリ
  • 資産をポートフォリオ表示するアプリ

こういったアプリは多いのですが、tokenPocketなら暗号資産の『送金と受け取り』もできちゃいます。

ただし、アプリ自体を開くときには『TouchID』や『PIN入力』といったログイン認証が、特にありません。
セキュリティーの脆弱性は否めないので、ここは改善して欲しいところですね。

トランザクション履歴がいつでも確認できる

これまでのトランザクション(データ処理)履歴を、見ることができます。

別のアプリでトランザクションした履歴は、tokenPocketには表示されませんが、右上のボタン(Eatherscan)をタップすることで全てのトランザクションを見ることができます。

送金詰まりがあれば、『ペンディング』状態のまま止まっていることも確認できます。

先日のアップデートにより、送金詰まりを解決する機能(Nonce値の調整)を行なうことも可能になりました。
これでトランザクションの利便性がよくなりますね。

様々なDappsと紐づいている

ウォレットがアカウントの役割をしてくれているので、Dappsを開くだけで簡単にログインできます。

ゲームもサクッとプレイできて、サクッと閉じれるので、すき間時間にプレイする分には最高です。

『マイクリ』や『opensea』も初期状態で登録されています。
ただし、開いているページのURLをブラウザのようにコピーすることができないので、そこは少し不便に感じます。

先ほども『セキュリティ面』であげましたが、アプリを開くときの認証設定はありません。
基本的にウォレットのパスワードを入力しなければ、アセットのトランザクションはできませんが、『ゲーム内通貨』等は簡単に使用できてしまいます。

私のように「子供に大量のGUM(マイクリ通貨)を使われてしまった…」ということがないように注意しましょうw

まとめ

分散型のウォレットアプリ【tokenPocket】の解説とレビューでした。

tokenPocketは、国産のブロックチェーンゲームのアプリ開発に携わっているので、ゲームとの相性はバッチリでしょう。

互換性もあるため、一度使い方を覚えてしまえば、同じようなアプリであれば操作にも困らないはずです。

このアプリ一つで様々な機能が使えるので、ぜひこの機会に使い心地を試してみてください。

TokenPocket

TokenPocket

TOKEN POCKET INC.無料posted withアプリーチ

 

なお、ブロックチェーンゲームだけプレイするのであれば、そのゲームに特化したアプリがtokenPocket社から開発されています。

操作性はそちらのほうが上なので、下記の記事を参考にダウンロード、インストールをしておきましょう。

【専用アプリ】マイクリ(MyCryptoHeroes)の始め方を丁寧に解説【Dapps】

2019-05-26

→【専用アプリ】マイクリ(MyCryptoHeroes)の始め方を丁寧に解説【Dapps】

【専用アプリ】クリスペ(CryptoSpells)の始め方を丁寧に解説【Dapps】

2019-06-24

→【専用アプリ】クリスペ(CryptoSpells)の始め方を丁寧に解説【Dapps】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。