ビジネス経験「無し」の30代サラリーマンが「副業」から「独立」するまでの経緯。

はじめまして!
このブログ【4papaBlog】を管理・運営している”戸辺ケイジ”です!

数あるブログの中から、このブログに興味を持ってくださりありがとうございます。

私は現在、北関東の海なし県に住んでまして、1986年生まれ4児のパパをしております。
家族構成は私と妻と、見事に一歳半ずつ年のズレた子供4人の6人家族になります。

それはそれは毎日ギャーギャーと、まるで動物園にいるかのような環境の中で、現在進行形で子育てに奮闘しております。(笑)

そんな我が家のライフスタイルは、元気真っ盛りの4人の子供たちを引き連れて、好きなときに旅行に行ったりキャンプや釣りをしたり…

肝心の仕事はと言えば、家でも出先でも気兼ねなく取り組むことができ…

まぁ今ではありがたいことに、会社員を辞めて独立することによって、「時間」と「お金」にゆとりを持ちながら生活している状況です。

でも実を言うと、いまのような生活を最初から手にしていたわけではありません。

それこそ、朝から晩まで会社に行っては、毎月の生活費のために嫌々働いていたりもしました。

しかも、子供が生まれるたびに仕事ができる時間も少なくなり、それに伴って収入も減っていくという…。
子持ち家庭の方には分かるんじゃないかな、この”やるせない”気持ち。(苦笑)

というか、子供が小さい頃の”その瞬間”って、とても貴重な時間だと思うんですよね。
特に生まれたての赤ん坊の頃なんかは、ただただ可愛いというか愛おしいというか食べてしまいたくなるというか…!

とは言うものの、ぶっちゃけ「子育て」と「仕事」って両立するのが、かなりハードじゃないですか。一般的には、どちらかが犠牲になる可能性が高いわけですから。

子育てに時間を費やせば、仕事(収入)が犠牲になり…
仕事に力を入れれば、子育てが疎かになる…。

それだけでも葛藤があるというのに、以前は他にもこんな不安要素が追い討ちをかけていました。

  • 残業して稼がなくては収支のバランスが崩れる…
  • 「いつか出世できる」と信じて働くものの、ずっと横ばいの給料が続く…
  • 会社の利益に貢献しようとも、ボーナスが出るか出ないか会社次第…

まぁ、よくよく考えてみると、メチャクチャ「会社に依存した生活」でしたよ。(苦笑)

収入が会社一本だけに縛られている状態の時は、本当にこういった悩みが尽きることはありませんでした。

しかし…しかしです。

そんな悩みに終止符を打つことができました。

ありがたいことに今では、「仕事」も「家庭」もどちらも大切にした生活を送れています。

そのワケはなぜか?

それはシンプルな話、夫婦ともに事業収入を得ることができている(いた)からなんですね。

その甲斐もあり、いまでは独立して夫婦起業するまでに至りました。

…ということで前置きが長くなりましたが、ここからは私たち夫婦が一体どのようなビジネスに取り組んでいくことで、経済的にも時間的にもゆとりを持たすことができたのか。

また、どのような過程を経て、パソコン一台だけで決して少なくない収入を得ることに成功したのか、その一部始終をお伝えしていきたいと思います。

私たち戸辺夫婦が「ネットビジネス」を始めたシンプルな理由

結論を言えば、それは「自分と家族の自由のため」です。

冒頭でもお伝えしてきましたが、私たち夫婦はそれぞれ会社員、専業主婦として日々の生活を送ってきました。

20代で結婚した私たちは、ありがたいことに子供4人を授かることができまして、ある意味で幸せでした。

ただ…。
どうしても私だけのお給料ではやりくりが難しく、毎月カツカツとした生活を送らざるをえなかったんですね。

特に”妊娠→産後が続いた期間”は共働きすることもできず、とにかく私が必死で家計を支える以外に方法がありませんでした。

世の中には、残業を多くこなすことで収支のバランスを保っている…という人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、それではどうしても会社にいる時間のほうが増えてしまいがちですし、会社次第では残業することすらできなくなってしまいます。(今回のコロナショックが分かりやすい例です。)

とはいえ…サラリーマンという立場である以上、基本収入の増加が見込めるのは「10年~20年先が鉄板」と言えるので、仕方のないことです。
年功序列はまだまだ日本社会に根付いていますからねぇ。

ここまでお話しした中でもお分かりいただけるように、会社員として働き続ける限りは、いつまで経っても「会社に収入面を握られている立場」に変わりはありませんでした。

会社に収入面を握られているとは、つまり、「私生活そのものまで握られている」ということです。

私はそのことに、10年近く勤めてようやく気付かされました。(苦笑)

会社が不景気だとか給料が足らないだとか、そういった不満が出てくるということは、何かに依存している状態なんですよね。

何かに依存をしている限り、自分の自由意志とは関係なく、物事の決定が「依存先次第」となってしまいますから、「心の安定」や「自由な生活」なんて得られるはずもありません。

そんな自由の無い囚われた生活を、この先何年も我慢し続けなければいけないのか…。
そして、ただ生活費のためだけに嫌な仕事をし続けなければいけないのか…。

そう考えた時、純粋にイヤ過ぎましたね。
クソ喰らえって感じでしたよ。(笑)

だって、そうじゃないですか。

  • 子供が産まれても生活を支えるために「毎日残業、残業…」
  • 会社の給与体制はいつまで経っても「年功序列に従うのみ…」
  • 今すぐ会社を辞めたくても「個人で稼いだ経験なんてゼロ…」

こんな感じで、「世間のレールに沿った理不尽な生き方」をせざるをえなかったわけですから。

「世間のレールって何なのか?」と単刀直入に言うならば、”義務教育を受けて、定年までサラリーマンとして働き続ける”ということですよ。

ある意味、子供から大人に至るまでの”世間の常識”のようなもんですね。

とはいえ、です。

そんなレールなんて、とっとと自ら捨て去って、もっと自分と家族みんなの”人生の選択肢”が豊富にあっても良いはずです。

私は20代の後半にかけて、本気でそう思うようになっていきました。

しかし、そんな”やるせなさ”を当時は感じつつも、守るべき家族がいる以上、すぐに会社を辞めるというわけにはいきませんでした。

そういった経緯から、私はひとまず「副業」という形で足場を固めることにしたのです。

そこで出会ったのが、まさに「ネットビジネス」だったんですね。

サラリーマンの限界を感じた私たちには「ネットビジネス」が最高最適でした

ネットビジネスであれば、在宅であろうが副業で始めようが、会社員であろうが専業主婦であろうが、全く関係なしに取り組むことができます。

始めたばかりの当初、作業風景はこんな感じでした。↓↓

ここ最近は、平日のカフェで作業をしていたりもしますね。↓↓(※音声が入っています。)

ぶっちゃけ、会社員時代では考えられないほどの「ワークライフバランス」を送れていますよ。(コメダ珈琲では作業が捗るんです。笑)

まぁ…今だからこそ言えますが、私は副業を始めた当初から”こういった生活”を夢に描いていました。

要するに、今になって「夢が実現した」ということです。

この辺り、詳しくお話しします。

「副業」で夢を叶えるためには”いくつかの条件”があります

現代では「副業」と言っても、その種類はたくさんあると思います。

ぶっちゃけ私たちも、最初は何から始めたらいいのか悩みましたが、ただ一つだけ分かっていたことがありました。

それは、「アルバイトのような時給型の労働を副業で掛け持ちすることは選択肢から外すということでした。

まぁ、よくある副業の選択肢の一つでしょう。

では、なぜこういった副業を選択肢から外したのかと言えば、「時間対効果でお金が手に入るビジネスでは、”副業でやることのメリットが無い”と思った」からですね。

もう少し掘り下げて話すと、この3つが主な理由です。

  1. 会社員と同じで「時間」と「労働力」の対価で収入が増えるだけだから
  2. 働くのを辞めた瞬間に収入もストップしてしまうから
  3. シフトと場所に縛られてほとんど自由が利かないから

まぁ、大体はこの辺り。

雇われて仕事をする立場である以上、サラリーマンとほとんど変わらないんですよ。

つまり、副業をやるにしても、「会社で残業すること」「他でアルバイトをすること」とでは、大した差はないということです。

上記のような時給労働は、自分で事業を展開しているわけではないので、事業資産(ビジネスの仕組み)なんかは構築できるはずもありません。

自らの資産になり得ないならば、多くの人が夢に描いているような、「不労所得なるものが得られることはない」ということが言えてしまうわけです。

当然ですが、私も事業を進めるならば不労所得に憧れていましたよ、純粋に。(笑)

ということで、私は家に居ながらも副業から始められる”不労所得になり得るネットビジネス”を探すことにしました。

欲張りな私はそこで、下記のような”8つの条件を前提にしました。

  1. いつ何処にいてもやれるビジネス
  2. キャリアとは関係のないビジネス
  3. 少ない資本でも実践可能なビジネス
  4. 在庫を抱える心配のないビジネス
  5. 不労所得になり得るビジネス
  6. 副業からでも始められるビジネス
  7. 利益率の高いビジネス
  8. 夫婦で協力し合えるビジネス

これだけ見ると、「そんなビジネス本当にあんの?」と思うかもしれませんが、事実あったんです。

それが他でもないブログアフィリエイトでした。

ブログアフィリエイトで「ガッツリ稼ぎまくるぜぇ!」のはずが…

「ブログアフィリエイト」とは、簡単に言えばブログで他社の商品を紹介して利益を得るビジネス」のことです。

今では”ネットビジネスの代名詞”とも言えるビジネスモデルになりますね。

私たち夫婦も、このブログアフィリエイトに挑戦することにしました。

しかし…。

実際に”聞く”のと”やる”のとでは大違い。

アフィリエイトと言えど「立派なビジネス」に変わりはなく、どんなに頑張ってやり続けても、どんなに稼いでる人のやり方を見よう見まねでやっても、結果は散々なものでした。。。

「すぐには結果が出ない」ということは、あらかじめ下調べしていて分かっていたことだったんですが、まさか丸々1〜2年を費やしても結果という結果が出ないなんて思いもしませんでしたよ。

しかも、結果が出ないという焦りもあってか、どうしても「知識やノウハウばかりを求めて手を動かすこと」を疎かにしてしまいました。

ちょっと試しては「はい、やめたー。」また試しては「はい、だめー。」みたいな感じで、ふらふらとすぐに稼げる方法ばかりを追い求めていましたね。まさに”ノウハウコレクター”

今思うと、あの時が一番シンドかったかもです。

一応、先にお伝えしておきますが「やめてばかり…」と言っても、これぐらいの努力はしてきました。

  • ゲーム攻略
  • 仮想通貨
  • 情報商材

上記3つのジャンルのブログで通算200記事以上書いても、ほとんど収益は発生せず…といった感じ。

いやはや、こうやって見ると、そこそこやってきたほうじゃないですかね?(笑)

それなのに、なんでだよ…って感じでしたね、本当に。

ここまで来て、ようやく気付かされました…

このままだと「何も変わらない」、「何も実らない」という虚無感だけが残りました。

一周回って「オワッター!俺の人生、ハイ、オワタ!」って叫んでました。(ガチで)

もちろん、ビジネスに関する本や自己啓発本もたくさん読みました。

経営者の方や個人でビジネスしている知人にも、どうしても直接話を伺ってみたくて会いに行きもしました。
(この出会いで”プツッ”と何かがフッ切れた話は、メルマガの方で詳しくお伝えしています。)

それだけ私の中では、「一点突破して結果を出したい!」という想いが強くあったんです。

しかし、結果はすぐには出ず。

どれだけ「時間」や「お金」を投下したとしても、誰からの反応も得られなければビジネスは成り立ちません。

「何かしらやってりゃ、誰かに何かが売れるだろう…」と、安易に考えていた私は、お客さん(相手)のことなど全く考えていなかったわけなんですね。

もちろん、私にとっては”私なりに考えていた”んだとは思います。

でも、数字として結果が出せていなければ、会社依存からは決して抜け出すことなどできず、自由のない生活を繰り返すだけだと落胆するばかりでした。

ここまで来てようやく、”自分ひとりの力では難しい”と判断し、「正しいビジネスを一から学ぼう」と決心したんです。

ビジネスは正しく実践するのが間違いなく近道です

「ビジネスを正しく実践する」…この大切さを身をもって痛感しました、痛いほどに。

もちろん本人なりに努力しても、月に数十円~数百円ぐらいであれば、問題なく稼げると思います。
ただ…それでメシを食っていくってのは、正直厳し過ぎますよね。

ネットビジネスで生活を支えていくわけですから、スズメの涙ほどのお金を稼ぎたいわけではないはずです。

サラリーマンの時と同程度。
いや、それ以上の稼ぎを出し続けなければ、理想を夢に掲げるだけで終わってしまいます。

では、一体どうすれば…?

いたずらに時間と労力を消耗するぐらいなら、正しい方向性で正しく実践して稼いでいる人から直接学ぶことが、間違いなく近道だと私は考えました。

そこからは、怒涛の勢いです。

ひと月の売り上げで、「1,160,380円」をパソコン一台で叩き出しました。

まぁ、そこまでこの数字自体を当てにしなくても結構ですが、私としてはありがたいことに目に見える数字として表れるようになっていったんです。(実績はいくらでも捏造とかできますからね。)

とはいえ、ビジネスを正しく実践した結果であることに変わりないと、私は思っています。

これってネットビジネスの特徴の一つでもあるんですが、多くのビジネスモデルはぶっちゃけソロで実践可能なんですよね。

だからこそ”ヒトからのフィードバックを得づらいビジネス”でもあるんです。

分かりやすく言えば、何が正しくて何が間違っているか自分では判断できないということです。

私のようにサラリーマン歴10年近い方であれば、会社の先輩や上司からのフィードバックの大切さは、それなりに分かるはずです。

間違った方向性のまま作業を進めていても、結果的に的外れなことをやっていたりもしますからね。

まぁ私も会社内では”そこそこ実績が出せるほう”なんですが、かえってそこが仇となってしまったように思えます。

おそらく、ネットビジネスに対して自分の力を過信し過ぎていたのでしょう。

「自分なら一人でやれる!絶対やってみせる!」という謎のプライドが、その時ばかりは足かせになっていたのだと思います。

私のように素直になれない「20代後半〜30代」の方は要注意ですね。(笑)

今だから言えることを、今あなたにしっかりと伝えます

まぁ…ぶっちゃけ言うと、丸1〜2年という歳月は、あまりにも長いです。

「時間」というのは容赦なく有限なものですから。

子供との時間や夫婦の時間というのは、冒頭でもお伝えしたように、あなたにとっても”大切なひととき”に違いはないはずです。

当然、20代〜30代というのは体力的にも、ビジネスや子育てに奮闘できる貴重な期間でもあるし、趣味に没頭したくなる大切な期間でもあると思います。

だからこそ、その「貴重な時間」を無駄にしないで下さい。

もちろん、ネットビジネス界隈には「怪しい」、「胡散臭い」と思われても仕方がない人間も多くいると思います。

詐欺まがいの教材やコンサルも、世の中にはゴマンとあるでしょう。

なので、できれば正しく教えてくれる人から、正しく学んで実践してもらいたいです。

まぁ…私自身ですら子供が4人もいるくせに、自由気ままにあっちフラフラこっちフラフラしているので、あまり人のことを言えませんけどね。(笑)

「あなた、怪しいですよ。」と言われたら、「実はそうなんじゃないかと私も思っていたんですよ。」と答えるはずです。(笑)

どちらにせよ、ビジネスというのは独学だけでやろうとしても、間違いなく大きな壁にぶち当たります。

その壁と正面切って向き合った時、ぜひ今日の私の一言を思い出して下されば…と思います!

終わりに…

さてさて、ここまで長いプロフィールを読んで下さってありがとうございました。

これまでの実体験をもとに描いた私の過去を、赤裸々にお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

自由気ままで欲張りなこんな私でさえも、今では「何モノにも縛られない自由な生活」を「副業」から始めた「ネットビジネス」で叶えることができました。

私の場合はありがたいことに、妻からの事業収入も入るようになったので、家族単位の収入は以前に比べても間違いなく底上げされました。(妻のメイン収入はアフィリエイトによるもの。)

なので、妻も喜んでいますよ。
「わーい、私が書いたブログから売り上げが発生したー。このお金で化粧品買おーっと。」みたいにね。(笑)

ネットビジネスというのは、ただの「お金稼ぎの手段」というだけではなく、それと同時に「自由な働き方」も得ることができてしまいます。

収入が増えても自由な時間が無くなってしまった…
体調不良で働けない時は収入がゼロ…

みたいな働き方では、本当の意味で「人生が変わった」とは言えません。

とは言いつつも、今でも世の中の多くのパパさんママさんは、働き口を増やしたり残業を多くしたりすることで、現状を何とか凌いでいるように思えます。

それが分かるからこそ、私たち夫婦も「ネットビジネスの中でも不労所得になり得るビジネス」に取り組んできました。

そして、そこで培った知識や術というのは、いまでも腐らないスキルになっているんです。

利益を売り上げるよりも、利益を売り上げ続けるほうがもっと大事です。

こちらのブログ、そしてメルマガでは、これまでに私たち夫婦が学んだ知識やノウハウを、数多く載せています。

「所帯持ちだからこそ大切にすべき思考法」や「子育て中の副業の始め方・進め方」など、具体的な悩みに対する解決法をふんだんに盛り込みました。

そんな発信内容を多くの人に届けることで、「同じような境遇の人の助けになれればいいな」と、マジで思っています。

  • 幼い子供に手が離せないから、在宅でお金を稼ぎたい
  • 一つの会社に依存せずに、自分の自由意思で暮らしていきたい
  • 夢にまで見る不労所得…自分も実際に手にしてみたい
  • ってか、シンプルに人生の選択肢を増やしたい

ネットビジネスであれば、これらを誰にでも平等に与えてくれるポテンシャルを秘めています。

私のような子持ち家庭のパパでも、30代をゆうに過ぎていたとしても、そんなの全く関係なく成し遂げることが可能です。

ここまで読んでくれたあなたも、もちろん例外なく成し遂げられます。

もし、わたし戸辺に何か聞きたいこと、相談したいことなどありましたら、こちらから気軽にご連絡下さって大丈夫です。

戸辺に相談してみる

期間限定として考えてますが、今ならSkype通話による相談も無料で受け付けております。

実際にちょっとだけ「戸辺と話してみたい」、「戸辺がどんな人か気になる」ということであれば、メルマガの1通目に案内を設けてありますので、ぜひそこから活用されてみて下さいね。

戸辺の公式メルマガ&無料プレゼントのご案内

では、最後まで読んでくださりありがとうございました!

おわりに、私が大事にしている言葉をあなたに送ります。

「If you can dream it, you can do it.(夢見ることができれば、それは実現できる)」
ウォルト・ディズニー

それでは!

戸辺の公式メルマガ&無料プレゼントのご案内

タイトルとURLをコピーしました