「習慣」を変えたい!けど多くの人がそれが出来ない理由とその対処法とは?

こんにちは、コリュエです。

 

何か新しいことを始めるには「考え方」を正しく学ぶ必要があり、そのためには成功している人の考えを吸収することだったり、時には誰かに協力してもらうことも一つの手だと伝えました。

まだ読んでいない方はこちらからどうぞ。

【関連記事】→普通の人と成功者の「考え方」の違い。行動力の差にはここが大きく関係している。

 

ところが「考え方」を変えたからといって、すぐに理想の自分になれるわけではないんです。

それは今まで受けてきた日本の教育であったり家庭環境であったり、

そういった様々な生活環境の中で作り上げてきた「自分の習慣」があるからなんです。

 

いまこれを読んでくださっている方の中には、将来的にこんな理想の自分になりたいと夢に思いを描きながら読んでおられることと思います。

それは、

「憧れのあの人のようになりたい!」

であったり、

「お金持ちになって優雅な生活を送りたい!」

であるかもしれません。

 

そんな夢を見つつも少しでも何かを始めなければ、いつまで経っても理想の生活なんて手に入れることはできません。

何かを始めるためには、何かを変えないといけなかったのです。

そう、それが「習慣」なんです。

習慣を変えることで理想の自分を手にすることができるんです。

 

では多くの人がこの習慣を変えることができない理由は何なのか?

 

それを知ることは非常に重要なテーマになってくるので、最後まで読んでいただければと思います。

 

大きく動くより小さく動くことで習慣は変わる

よく習慣を変えれない人に対して「信念が足りないんだよ!」とか言う人もいますが、それは当たり前のことなんです。

最初は信念なんて小さいに決まってます。

ほとんど思い込みに近いようなものです。

それを少しずつ少しずつ、でも確実に大きくしてことが大事なんですね。

 

いきなり大きな信念をドーンと掲げても、一時のモチベーションであれこれもがくことは出来るでしょうが、

下がっていくものも一気にドーンと下がるものなんですよね。

早い人では一晩寝たら、もうどうでもよくなっちゃったとかざらにあります。

いや、次の話に移ったらさっきの大口はどこいっちゃったの?なんてことも。(笑)

 

でもまぁそれは当然っちゃ当然のことなんです。

誰もが今までの生まれ育った環境や教育の中で「今の自分を作り上げている」ものなんです。

それは急に変えようと思ってもなかなか変えれるものではありませんからね。

 

ですがそれにはちゃんと理由があるんです。

それは「大きく変わろうとし過ぎているから」なんですよ。

別の言い方をすれば、「焦って一気に変えようとし過ぎちゃう」ということです。

 

例えば、あなたにもいま憧れの存在っていたりしますよね。

 

脱サラしてフリーランスとして好きなことをしている人、とか。

メジャーリーグなどで活躍している野球選手、とか。

若くして起業してお金をたくさん持っている人、とか。

海外に移住して何にも縛られない生活を送っている人、とか。

姫を助けるためにどんな難関も乗り越えていってしまう赤い帽子で髭のキャラクター、とか。

 

そういった自分が憧れる生活を既に送っている存在って遠い存在のように見えますよね。

山登りでいうと、自分はまだ山のふもとにいるけど、憧れのあの人は山の頂上付近にいるなぁ、みたいに。

 

たしかに現実を見てみるとそうかもしれません。

 

けれど、そういった方たちも急にポンっと変わったわけではないんですよ。

そう、みんな最初は同じ山のふもとにいたわけなんです。

それをコツコツ、でも確実に一歩ずつ山頂を目指したから結果的に頂上にたどり着けたんですね。

急に背中に翼がはえて山頂までひゅーんっと行くことはできないんですよ。(笑)

 

だから今のあなたを恥じることは全くないんです。

もうダメだと諦めてしまえばそこで終わりですが、

山頂を目指して一歩ずつ地図を見ながらでも、転んだとしても起き上がって登っていけばいいんです。

 

それとよくやってしまいがちなのが、山の頂上を目指したいという方でも、どの山に登るのか決めていないままの方がたまにいるんです。

 

実は私もそうだったからよく分かるんです。(笑)

 

はじめのうちはどの山に登るか(どの生き方でいくか)見てみたり、実際に体験してみたりしないと分かりませんが、ある程度やってみたら「これでいこう!」と決めなければなりません。

それを決めずに「あ~山頂目指してぇ」って嘆いていても、そりゃたどり着けっこないんです。

一生懸命バット振って、日本代表になって「ゴールを決めてぇ」っていっても無理なんです。(笑)

 

どの山を登ってみるかを決めるのは自分だし、決まったらそれに向かって少しずつでもコツコツ登っていく。

これしかないんです。

 

何か新しいことを始めるには今やっていることを断捨離する

どんな人にも共通して与えられたものって何だか分かりますか?

人だけではないです、動物も植物も天体すらもそうです。

 

それは「時間」です。

一日24時間というその時間はみな共通なんですね。

俺は26時間欲しいんだといってもできないんです。(笑)

 

なのでこれには限りがあるんですよ。

一日で日本からブラジル行って、またブラジルから日本に帰ってくることは不可能なんです。

瞬間移動(ドラゴンボール)が使えたり、ルーラ(移動呪文)が使えるのなら可能かもしれません。(笑)

時の砂(ドラクエ)やタイムターナー(ハリーポッター)で時間が巻き戻れば困らないんです。(笑)

 

この24時間の中であなたが何をして誰と共に過ごすのか、それを決めるのは他でもないあなたです。

 

なので単刀直入に言ってしまえば、

何か新しいことを始めるには何かを捨てるしかないんです。

物の断捨離ではなく、時間(生活)の断捨離ですね。

 

ただ勘違いしないでほしいのは、捨てるというのと我慢するというのは別物だということです。

どういうことかというと、要は自分で時間を主管しちゃいましょうということです。

それは自分にとって本当にいま必要なことかを見極めることが大事だということですね。

 

例えば新しいことに使う時間を2時間増やしたいとしますよね。

分かりやすく睡眠時間を調整してみましょう。

 

いま取っている睡眠時間を9時間から7時間にします。

22時に寝て7時に起きているとするならば、寝る時間が同じでも5時に起きれるということです。

そうすれば2時間確保することができますね。

 

どうしても9時間寝たければ、夜22時ではなく20時に寝ればいいんです。

その代わり20時から22時までやっていることを捨てるしかないんですね。

それか20時からの2時間を新しいことに使ってしまうのもアリですよね。

 

ちなみに私は実際この睡眠時間を調整してブログを書いてます。

平日は仕事で8時~17時まで会社です。(ホワイト企業なので残業は自分で調整可能)

帰宅するも子供が4人もいる環境なので、書くことに集中できないので先にやることを済ませます。

ご飯食べてお風呂入って、

21時まで子供と添い寝してあげ、

そのまま寝落ちです。(笑)

 

でもそれでいいんです。

 

最近は朝5時前に起きれるようになってきたので、その時間を使ってブログを書けばいいんです。

 

これも習慣ですね。

 

もう朝起きるてやるしかねぇやって割り切るんです。(笑)

 

以前は子供を寝かしつけた21時から映画を見たり、スマホいじったりゲームしたりして、

朝起きるのも7時とかだったんですよ。

それを思い切って早く寝てしまうことで朝早く起きれるようになり、

いまはブログを書くことに専念しようと切り替えることができたんですね。

 

まぁこの切り替えることができるまでが大変だと思われます。(笑)

これは嘘かと思われるかもしれないですが、

私の場合「思い込み」でこうなりました。(笑)

 

絶対に今の自分を変えてやるんだ!

という、こう心の奥底から湧き出るマグマのような…(笑)

この辺はまた別の記事で詳しく書けたらと思います。

 

不平不満や愚痴は極力避けていく

これは意外かもしれませんが、私の中ではメチャクチャ大きな要因なんです。

 

新しいことしたい、自分を変えたい、ということは現状をもっと良くしたいという思いからきてるはずです。

その「良くしたい!」という思いと、「不平不満や愚痴」相反するものなんですね。

 

「上⇔下、表⇔裏、昼⇔夜、前⇔後、良いもの⇔悪いもの」

 

といったように、全く正反対のものになるわけなんです。

 

ですから、自分を良くしようと思っていても口から出ている言葉が不平不満や愚痴だと、

なかなかうまくいかないものなんです。

 

しかもそれに使う労力も半端ないんです。

 

誰かと一緒にご飯に行っても話す内容が、誰それが悪いだの、俺の方が出来るに決まってるだの、

そんな話ばかりでは疲れてやる気が下がるのは無理ないんですよね。

 

そういう経験みなさんにもありませんか?

それにそんな話をしても自分の為に残るものは何一つないんですよ。

現状に対して愚痴をいっても何も変わらないんです。

これは保証付きです。(笑)

 

なので、そういう話をしたくない聞きたくないという人はまともなんです。

この人は愚痴が多いなぁとか、この飲み会は参加しても話す内容がいつも同じで面白くないなぁと思ったら、

次から会うのをやめるなり、参加するのを断ればいいんです。

 

角を立てずに断ろうと考えている人は、つい場の雰囲気で流されてしまう人なんじゃないでしょうか。

そういうときは、角を立てまくって断りましょう。(笑)

 

それぐらいの気持ちがないといけませんよ。

 

それに対して、悪いなぁとか大丈夫かなぁとか心配しないでください。

不平不満や愚痴が多い方はそういった方たちと同じテーブルを囲むしかないんです。

 

「現状をもっと楽しく幸せな環境にしていきたい。」

「ビッグになってお金持ちになりたい。」

そう考えて進もうとするあなたが、わざわざ自ら負のオーラに突っ込んでいく必要はないんですから。

 

とは言っても、時にはなかなか前に進むのを躊躇してしまったり、

そんな出来ない自分に苛立ったりしてしまうこともあるかもしれません。

 

でも、今こうやって私のブログをここまで読み進めているあなたがいるわけなんです。

それだけでも凄いことなんですよ。

もっと自分を褒めてあげましょうね。

 

 

最後にまとめると、

  • 大きく変わろうとするより現状を小さく変えていくといいよ。
  • その一歩として、今やっていることで必要なことと不要なことをしっかりと分けるのがいいよ。
  • たとえなかなか前に進めないときがあっても、愚痴を言っても解決しないから自分を慰労してあげたらいいよ。

ということです。

 

ここで語った内容は覚えておいて損はないはずなので、今後の人生に役立てていただけたらと思います。

 

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

何かありましたら、試しにまずは私に連絡、相談してみてくださいね。

こちらからお気軽にどうぞ。お待ちしてます!