【重要】メンタルブロックを解除しよう!その正体を知ることが成功のカギとなる。

 

みなさんこんにちは、ケイジです。

 

人は何かしら行動を起こす時に、必ず選択を迫られます。

色々な選択肢があるように感じますが、人生には常に二択しかありません。

つまり、行動するのか行動しないのか、ということです。

 

人間というのは行動することによってしか成長することができません。

やって成功しようが失敗しようが、その結果でしか上に昇っていくことができないんですね。

 

だったら行動すればいいじゃないか、と思うかもしれませんが、この行動するということが出来ない人はこの世の中には山ほど居るんです。

なにを隠そう私もそうなんですが、行動できないパターンのほうが多かったりします。

そうなると結局、「行動しない」という行動を取ることによって、「何も変わらない」ということを学んでいたりするんですけどね。笑

 

で、何か行動しようとするときに、それを阻止しようとする否定的な考えというのをメンタルブロックと言ったりします。

このメンタルブロックを破壊していかない限り、新しいことに挑戦することはおろか、ビジネスや恋愛といった分野でも成功を収めることはできません。

なので、まずはこの場でメンタルブロックの正体を理解し、それを着実に取っ払っていく手助けになれればと思います。

 

私が実際に行なっている解除方法も、いくつかここで紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

ではいきましょう!

メンタルブロックとは?

・人間が何か行動等を起こす場合に、出来ない、ダメだ、無理だと否定的に考えてしまう思い込みによる意識の壁、あるいは抑止・制止する思考のこと。
・メンタルブロックをかけ続けると、結果として何もしなくなる(何もできなくなる)といった状態に陥る。
・従って、人間は意識的にメンタルブロックを打破するような思考を身につけることが、積極性等を維持する意味で重要となる。

引用元:コトバロク

上記でも記述されてますが、メンタルブロックの一番の問題点は一つ一つの物事に対して、「出来ない、ダメだ、無理だ」と否定的に捉えてしまうところにあります。

この否定的に捉えてしまうところの根本にあるものは、「自分に自信が持てない…」ということなんですね。

行動することや決断することに自信が持てなくて何もしなくなる、そうするとさらに何も出来ない自分に自信をなくす…という悪循環にはまってしまうことがほとんどなんです。

 

「自分の自信の無さが行動力を損なわせ、それの積み重ねによってメンタルブロックが築き上げられていってしまう。」

まずはこれを理解することで、とんでもないほど大きな差になるのではと思います。

メンタルブロックの一番恐ろしいところは”自信がなくなること”

先ほども言ったように、行動しなくなると自信がなくなり、自信がなくなるとさらに行動しなくなるようになってしまいます。

しかしこれだけは断言できますが、誰だって新しいことを始めるときなんて、自信なんか無くて当然なんですよね。

小さな成功体験や、失敗を繰り返す中で見えてくる改善点が自信に繋がったりするわけですから。

 

ただ私を含め多くの人たちは、大人になるにつれて行動に移す前から「自分には自信がないから出来ない、無理だ」と、やる前から判断してしまうようになる傾向にあります。

それはなぜかと言うと、今までの知識や経験、育った環境など様々な情報から意思決定していくようになるからなんですね。

 

しかし、幼い頃を思い出してみましょう。

子供のころって、根拠もない自信だけで行動してましたよね。

特に怖がることもなく、良い意味で後先のことなど考えずにチャレンジしていたはずです。笑

 

そう、これって無意識のうちにそうしていたんです。

大人になるとチャレンジしなくなるのは、単純に”幼心がなくなっているから”なんですね。

つまり子供のころにはなかったメンタルブロックが、大人になるにつれてドンドン積み上げられてしまっているということ。

柔軟性がなくなりガチガチの頭に固まってしまうと、やってみる価値が十分にある内容にも肯定的に捉えることができず、つい否定的に捉えてしまい多くのチャンスをみすみす逃すことになってしまうこともあるわけです。

 

ビジネスであれば、「あなたに任せたい仕事がある」と言われても、「自分には出来ません」と答えてしまい…

恋愛であれば、「あなたに好意がある」と言われても、「自分には幸せにしてあげられない」と答えてしまう…

多かれ少なかれこういった経験は皆さんあると思いますが、メンタルブロックが強い人ほど新しいことに挑戦せずに弱気になってしまうんですね。

 

では、どうすれば自分の中にあるメンタルブロックをぶっ壊して、否定的な思いから脱却することができるのか具体的にお話ししていきます。

メンタルブロックの解除方法は?

肯定的な言葉を自分に言い聞かせる

これは実際に私もやっていることでして、すぐに始められるのでオススメの方法です。

 

何をするかというと、朝起きた時や夜寝るときなどの心がリラックスしている状態のときに、「自分は出来る、やれる、凄い、えらい!」という言葉を語りかけてあげるということです。

そこには一切の感情も必要ありません。笑

ただ呪文のように語りかけてあげるだけでいいんです。(言葉に出せない場合は心の中で唱えるだけでもOK)

 

そう、勘のいい人は気付いたかもしれませんが、否定的なメンタルブロックが思うことと真逆の、肯定的なことを考えるようにする癖づくりをすることなんですね。

”言霊”というコトバがあるように、口に出す(心に語りかける)力にはとてつもないパワーが宿っていたりするんですよ。

時には人を勇気づけてあげられるし、時には人を傷付けてしまうこともあるぐらい、凄まじい威力なんです。

 

とはいっても、まぁ日によっては「…何が自分は凄いだっ!くそっ!」とか思ったとしても、それはそれで別に構いませんw

それでも最後には「….でも、俺はえらいんだ!」、「….でも、私ならできるんだ!」と語りかけて終わりにしてみるといいです。

とにかくコツは、最後に語りかける言葉は良い言葉、ということを覚えておきましょう。

小さな成功を大きな喜びにする

次は小さな成功に対して、自分をべた褒めする方法です。

小さな成功の小ささを誤解してはいけませんよ。

「朝起きて髪をセットした」 → 「俺は偉い!」

「満員電車に乗って今日も出勤した」 → 「俺は凄い!」

これが小さな成功なんです。笑

まぁ冷静に言ってしまえば、自分をもっと褒めてあげましょう、ということです。

 

日本人はとにかく謙遜という言葉が好きなせいなのか、自分を低く見すぎてしまう人が多すぎです。

仮に他人から褒められたときでも、「いやいや、これぐらい何でもないですよ…」とすぐ言っちゃう。

そうじゃなくて、「いやいや、これぐらい俺の手にかかれば何でもないですよ!」と言っちゃいましょうw

 

本当に小さな成功の積み重ねを大事にして自分を褒められるようになると、いつのまにか自信の塊になって、メンタルブロックなんて入る隙間さえなくなってきます。

人を認める前に、まずは自分を認めていくことが大切です。

まずは勇気を出してやってみる

たまに聞かれる内容の一つとして、

「ある程度成り行きを見てから決めたほうがいいでしょうか?それともすぐに動くべきですか?」

という話があるんですが、私としては即動いちゃったほうが得だなと思う場合がほとんどです。

 

なぜかというと、まずは行動することによってしか結果というのは出せませんので、良くも悪くもそれに対するアクションが取りやすいからなんですね。

つまり改善していくスピードも速いので、結果的に失敗のまま終わってしまうのではなく成功しやすくなるんです。

成功すればそれが”自信”になって、ますますメンタルブロックを取っ払っていけるので、次のアクションに対しても「出来る、いける、やれる」という肯定的な思いになれたりするんですね。

 

過去の体験談ですが、以前とある仕事を任されたときに「こんなリスクのある仕事やれるのだろうか…」と、答えを出せずに悩んでいたこともありました。

結局は引き受けることにしましたが、勇気を出して自分の限界を突破したこともあり、無事に仕事を終えることができました…..なんていうドラマみたいな展開にはならず。笑

一度ならず二度も三度も失敗しましたね。

 

今となっては笑い話にしてますが、その時はもうとにかく必死になってやってました。

もちろん四度目にはしっかり自力でやり遂げたんですが、その時の過程だったり、諦めそうになったときに再び立ち上がったことだったり、そのような経験は自分に大きな自信を与えてくれました。

この時に、勇気を出して一歩前へ踏み出してみることへの大切さを、身をもって感じることができたんですね。

まとめ

残念ながら生きているうちは、いつまで経っても次から次へと新しいことへの挑戦はやってきます

楽をすることはできないようになっているんですよねぇ、不思議と!

ただ、それを乗り越えた先に見える世界は、やってみることによってしか垣間見ることはできないようになっていると言われています。

 

メンタルブロックが邪魔をしてきたり、新しいことに挑戦するには勇気も必要ですが、臆することなくまずはやってみることが大切です。

「後退したくない」というのは言われなくても当たり前のことだと思いますが、前にも後ろにも進まず、同じ場所に停滞することのほうがもっとキツかったりするかもしれません。

まずは今日お話しした内容で、一つでも実践できるものがあればやってみてはいかがでしょうか。

 

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。