【驚愕】日本人の多くは迷った時こそ流されやすいという話【自分の直感に従うべき】

マインドセット

どうもこんにちは、戸辺ケイジです。

先日、長男のチャリを新調するということで、実家の母親(祖母)に買ってもらう(笑)ため、久々に里帰りすることに。

んで、せっかく来たということもあったので、家族で実家の近くにあるイタリアンのお店で昼食を食べていくことになったんですね。

高校生の頃は帰りがけによくそのお店で食べていたんですが、十数年ぶりに行っても雰囲気は相変わらず良いし、味も美味しい!

ただ、その当時はあまり気にしていなかったことだったんですが、そこであることに気付かせてもらいました。

それは何かと言うと、そのお店の「人気メニューのランキング」で、そのNo2に君臨していたパスタのことです。

そのパスタの名前は、「迷った時のエビとアスパラのスパ」というもの。
「迷った」というだけあって、「マヨネーズ風味」のパスタといった感じでかけていました。(笑)

んで、そこで何に気付かされたかというと、
「なぜ、このパスタが人気ナンバー2なのか?」
ということ。

まぁぶっちゃけ言うと、マヨネーズ風味に惹かれるというわけでもないし、他にも魅力的で美味しそうなパスタは数多くありました。

後々、家に帰ってそのパスタの口コミを見てみたんですが、やはり「あまり美味しくない」という意見が多かったんですね。

では、なぜそれが人気ナンバー2なのかというと、それはそのパスタの「ネーミング」にあると私は思いました。

つまり、「迷った時はこれ!」というネーミングから、とりあえずそのパスタを注文する人が多いということ。

その時に私は、
「日本人の多くは、料理でさえも自分で選択することが苦手なんだな」
と感じさせられましたね。

海外では、迷った末の料理がランクインするなんて話、聞いたことがありません。

これは小さく言えば「料理のメニュー」なんですが、大きく言えば「生き方」や「働き方」にも通ずることだと思うわけです。

このように様々な選択肢で迷った時においては、他の周りに流されるだけではなく「自分の直感に従うべきだ」ということを、私はここで強く言いたいのです。

ということで、今回の記事では、

  • 人生の選択肢において、迷った際に周りに流されるな
  • 最終的な選択肢は自分の直感に従うべき

といったテーマでお伝えしていきたいと思います。

では早速、見ていきましょう!

人生の選択に迷う時は直感を信じよう

これまでの人生を振り返ってみると、全ての出来事に「何かしらの選択」をしてきていることでしょう。

例えば、

  • 今の会社で働き続けているということ
  • 結婚して子供を産んで家庭を持つということ
  • 働いたお金を何に使うかということ

挙げ出したらキリがありませんが、過去から今に至るまで様々な選択をしてきて「今の自分」がいるはずです。

もちろん、最終的な選択はあなたがしているからこそ、その環境やその生き方はあなたが導き出している答えということになります。

ただ、その生き方は「本当に自分が望んだもの」なんでしょうか?

そこで「YES!」と言えないのであれば、もしかしたら、それは周りに流されてしまった”結果”なのかもしれません。

周りに流されてしまっては余計に迷う

仕事や働き方というのは、あなたの人生に直結するほど重要な問題です。

なぜなら、それによって得られる”お金(収入)”が、自分の生活から家族の生活に至るまでに影響を及ぼすものだからですね。

事実、私は脱サラすることによって、生き方そのものがガラリと変わりました。

  • 働き方が変わり
  • 収入が変わり
  • 自分の生活習慣が変わり
  • 家族の生活習慣も変わる

と言っても過言ではないほど、大きく変わりましたから。

でもそれは、誰かに言われてやったわけではなく、全て自分で選択したことです。

つまり、自分の直感が「こうするべき!」と感じたままに、行動した”結果”ということになりますね。

迷った時は自分の直感のままに生きることが「自分の人生」です

もちろん、私も脱サラするその当時は、文字通り「迷っていた」ということが言えちゃいます。

でも、「迷った時はこれ!」という、誰かに決められた生き方は選択しませんでした。

もし、そこで「迷ったからこれでいいや」という風に流されていたら、今頃は後悔していたかもしれません。

なぜなら、それは「自分の人生」ではなく、「他人(世間)が決めた人生」になってしまうからです。
そうなると、おそらく”他責思考”に成り果てます。

つまり、こういうことです。

  • 迷った末に決められたレールに従った時
    何かあったら自分以外に責任を押し付ける
  • 迷った末に自分の直感に従った時
    何かあったら自分の責任として受け取れる

私も迷った時は、たくさんの人の話を聞いたりもしました。

成功者の生き方を追従してみたりもしましたが、それでも、あくまで”参考程度”に留めておく必要があります。

なぜなら、成功者の生き方をあなたが追従して生きたとしても成功するという保証など、どこにもないからです。

あなたが生きてきた環境も、これから果たしたい夢なども、みな全て違うものであり、違って当然なんですよね。

だからこそ、自分が望む人生を生きたいと願うのであれば、最終的な決定は全て「自分の直感に従うべき」です。

もちろん、自分で選んでいるからこそ、後悔も残らず前進していけますよ。

自分の直感に迷ったときはリスクがなるべく少ない方を選択する

直感的には自分の進むべき道が見えてきても、今を取り巻く様々な環境に悩まされることもあるでしょう。

例えば、

  • 脱サラしたいけど、お金の稼ぎ方が分からない
  • 自分で何かビジネスを始めたいけど、どんなビジネスが性に合うか分からない
  • 家族との時間を増やしたいけど、長時間働かないと生活に困る

こんな感じで、「やりたいこと」と「現在の環境」の狭間で迷い続けることも多かったりするものです。

そんな時は、”リスクの少ないやり方で始めてみること”を、私はオススメします。

リスクが少なければ、行動に移るまでの敷居が単純に低くなります。

要するに上記の例で言えば、

  • 脱サラしたいけど、お金の稼ぎ方が分からない
    いきなり脱サラするのではなく、副業から始めてみる
  • 自分で何かビジネスを始めたいけど、どんなビジネスが性に合うか分からない
    転職するのもアリだが、資格もキャリアも必要ないネットビジネスで始めてみる
  • 家族との時間を増やしたいけど、長時間働かないと生活に困る
    時間労働ではなく、事業収入が入る働き方にシフトする

ということが言えるでしょうね。

先日、クライアントさんにビジネス相談された時にも、「まずは自分がすぐに動けることから始めてみましょう」ということをお伝えしました。

そこからすぐに「自分のやるべきこと」が見えたようで、すぐに行動に移した結果を報告してもらいました。

どんな選択をするかは、これまでにもお伝えしたように「最終的には自分」で決めてもらうことになりますが、そういったリスクを極力まで減らして行動しやすくする術などは教えることができます。

なので、もし、私に何かビジネス等で相談したいことがあれば、いつでも気軽にどうぞ!
戸辺にビジネス相談したい方はこちらから

文章での相談ではなく音声による相談も、現時点では受け付けていますので、下記のメルマガに登録した先から案内に沿ってご依頼下さいね。
戸辺の公式メールマガジン&無料プレゼントのご案内。

話は戻りますが、迷ったスパがNo2にランクインするぐらい、多くの人はそのネーミングに釣られて選択してしまっています。

その料理を否定する気は毛頭ありませんが、自分の食べたいものや自分の生き方ぐらいは、自分で選択したいものですよね。

それでこそ、自分の人生に”生き甲斐がある”というものですから。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました