【副業の進め】子持ちのサラリーマンである私の過去のスケジュール大公開!

副業

どうもこんにちは、戸辺ケイジです。

最近ではサラリーマンの方の中でも、「副業を始めてみたい」、「副業で成果を上げたい」という方が多く見受けられるようになりました。

私もそのうちの一人でしたが、正直なところ、副業に当てる「時間配分」が難しかったりすると思います。

仕事上がりに副業に取り組もうとするも、

  • 趣味の時間がなくなる…
  • 残業続きで気力が残ってない…
  • 子供を寝かせると同時に一緒に寝落ちしてしまう…

といった様々な問題にぶち当たることでしょう。

子持ち家庭の場合だと、なおさら時間があっという間に過ぎてしまう感覚ですよね。
ついでに「子守りで気力も消耗する」という…。(笑)

私も子供と接する(遊ぶ)ことに、つい夢中になってしまい、時間だけがずるずる流されてしまうことが、いまだによくあります。

とはいえ、副業で成果を上げるためにも、作業しないことには始まりません。

ここでは4児のパパである私が、副業の時間をどのように当ててきたのか、またどういった心持ちで副業と向き合っていくようにすればよいかを体験談をもとにお伝えしていきます。

同じような境遇の人にとって、励みになると同時に解決の糸口になれれば嬉しいです。

(※現在は専業でやっているので、副業時代のことになります。)

子持ちサラリーマン、「副業」っていつやってるの?実際のスケジュール大公開!!

戸辺の「子育て」と「副業」のタイムスケジュール

まず、私のタイムスケジュールはこんな感じになります。

  • ~6:30 → 起床
  • 6:30〜8:00 → 身支度、出勤
  • 8:00~17:00 → 本業(定時帰宅)
  • 17:00~19:00 → 子供との時間、夕飯
  • 19:00~20:30 → 風呂、子供の寝かし付け
  • 21:002400 → 副業(読書なども含む)
  • 24:00~ → 就寝

平日のスケジュールになりますが、だいたい3時間は副業に当てられていますね。

私は朝活が苦手だったので、基本的に「夜寝る前」に作業していました。

で、ここでは大事なことが二つあり、一つは「本業はなるべく定時に上がること」、もう一つは「睡眠時間をしっかり確保すること」です。

副業に時間を当てるなら、本業は定時に上がりましょう

残業をすることは「タブー」ということではありませんが、周りに合わせて惰性的に残るなどは避けるべきですね。

私も経験がありますが、「残業して少しは稼いでおかないと…」という気持ちが残っていると、どうしても副業の方を疎かにしてしまいがち。

こういった思いは、なるべく早い段階で断ち切っておいた方がいいです。
副業に対して、本業のごとくガチで時間を当てられるようになるコツでもあります。

ちなみに、ブラック企業でよくありがちな「サービス残業」なんて、もってのほかです。
得られるものは皆無なので、早々に帰宅しましょう。

睡眠時間は削らない方が作業は継続しやすい

次に、睡眠時間を67時間ほど確保することも大切ですね。

睡眠というのは「体の健康」や「集中力」、「継続する意欲」にも直結する問題なので、極端に睡眠時間を削ることはオススメしません。

睡眠時間を減らすよりも、「残業時間」「趣味の時間」を副業に当てていきましょう。

まぁ、ここまでは私の過去のスケジュールをもとにお話ししてきましたが、そもそもの話…

副業を実践する「明確な目的」がないと作業時間は確保できない

と思っています。

副業にあてる作業時間は、確保しようと思えばそこまで難しくはないはずです。
もちろん子持ちの方でも、2時間~3時間ほどならいけると思います。

しかし、いざ副業を始めようと思っても「副業をする時間なんてありませんよ!」と言いたくなるのであれば、おそらく副業を実践する「目的」が明確に定まっていないからかもしれません。

例えば、「なぜ、副業をするのか?」と聞かれた場合、このように答えていませんか?

  • 楽にお金を稼げればいいな〜って
  • うまくいけばサラリーマン辞められると思って〜
  • 周りに勧められたからやってみてるだけ〜

こんな感じで、フワフワとしていては目的が明確とは言えませんよね。

私のもとにも相談がきますが、目的があまり明確でない人からは「そこまでの本気度が伝わらない」ことが多いです。(苦笑)

副業に取り組むのであれば、しっかりとした「副業の目的」を決めておくといいですよ。

なぜなら、副業をする目的が明確ではない限り、その先に見える「未来像をイメージすること」もできないからですね。

つまり、こういうことです。

  • 自らの手でお金を稼ぎたい!
    → 自分のお小遣いで配偶者や子供にプレゼントを買ってあげたい
  • 脱サラしたい!
    → もっと家族との時間を大切にしていきたい
  • 知識やスキルを身に付けたい!
    → いざという時のために「安心感」と「余裕」を持っておきたい

このように、自分が将来的にどんな姿になっていたいか、どういった未来を描いていきたいかをハッキリさせておくことが大切です。

では具体的に何をすれば「未来像」に近づけるか?

イメージする未来像が見えてくることで、副業において「どんなビジネスに取り組めばよいか?」が見えてくるはずです。

例えば、「もっと自由な時間を手に入れて、家族との時間を大切にしていきたい」場合は、下記のようなビジネスに取り組むほうが良いでしょう。

  • その①:在宅でできる仕事を探す、増やす
  • その②:作業できない日でも、収入が入る仕組みを作る

ここで注意しなければいけないのは、もっと自由が欲しいのに、手っ取り早いという理由から「アルバイト」のような副業をやってしまうことです。

こういった時給労働型のビジネスを副業にしてしまうと、自由な時間が増えるどころか逆に無くなり、拘束される時間も増えてしまうのでオススメできません。

もっと言うと、一時的な収入アップに伴って支出も増えてしまうことで、逆に辞められなくなるという危険性も増してしまいます。

  • 自由が欲しい → アルバイトをしている自分 → 紐付かない(×)
  • 自由が欲しい → 在宅で仕事をしている自分 → イメージ通り(○)

あなたが描く未来像のあなた自身が、「一体どんなビジネスをしているのか?」をイメージしてみると分かりやすいかもしれません!

副業に向かう姿勢をブレないようにするためにも「習慣化」が大切

いざ、副業に向き合おうとしても、実際は1日〜2日だけ向き合うだけで、すぐに戻ってしまうことが多いです。

その理由としては、シンプルに作業そのものが習慣化していないからですね。

私もそうでしたが、たった1日でも副業から気持ちが離れてしまうと、2日、3日…気付けば一週間以上もパソコンに向き合わなくなってしまった、なんてことがよくありました。(苦笑)

そこでキモになるのが、「副業を習慣化」すること。

習慣化には、それぞれ身に付くまでの期間があると言われています。

  • 「行動習慣」は1ヶ月
  • 「身体習慣」は3ヶ月
  • 「思考習慣」は6ヶ月

このように、一般的に物事を習慣化するために必要な期間があり、副業の場合は「行動習慣」に当てはまります。

つまり、副業を習慣化するためにも「最低1ヶ月は継続しましょう」ということですね。

「夜寝る前に歯を磨く」ぐらいの感覚で「夜寝る前にパソコンで作業をする」ようになれば、こっちのもんです。

とはいえ…。
そのわずか「一ヶ月の継続」が大きな壁だったりするんですよね。

副業は継続することが一番の難題

成功者の書籍を読んだり、ビジネスに前向きな人に感化されると、一時的にアドレナリンが湧き出て、やる気に満ち溢れることがあります。

ただ、それがず〜っと続けばいいんですが、そうならないことのほうが多いと思います。

  • 昨日は作業できたから、今日は休んじゃえ!
  • 今晩は飲み会、明日がんばろう!
  • ってか、やってもやっても結果でねぇ!

こういった誘惑が日常茶飯事かと…。(苦笑)

副業を習慣化するためには、自分の中でのルールを決めておくとよい

自分で決められるルールは色々ありますが、オススメなのは「作業の敷居を低くすること」です。

例えば、「一日一記事書く」というのは人によって難しいと思うので、「一日一文だけ文章を打つ」といった設定にするイメージですね。

どうしても記事が書けない時であれば、とりあえず「パソコンを開いて画面と向き合う」でもアリです。市場をリサーチしたり、文章構成を練ったりするでもOK。

まぁ要するに、副業を一ヶ月習慣化させるためには何より、「継続することを優先したほうがよい」ということです。

もちろん作業の敷居を低くする分、進みが遅いと感じることもあります。

ですが、いきなり無理な作業をやり続けてしまい、作業が苦痛になってしまっては本末転倒です。

他にももう一つ、オススメの方法があります。

これだけ作業できたら、これだけのご褒美を自分に与えよう

といった「ご褒美設定」をしてあげるのも、一つの手です。

例えば、「一記事書けたら晩酌しよう」とか、「10分作業できたら50分ゲームしよう」とかですね。

最初の取っ掛かりさえできてしまえば、10分の作業のはずが気付いたら1時間以上も作業をしていた、なんてこともあったりします。

もちろん、10分しか作業できなくても、自分を責めてはいけません。

自分が決めたルールがあるなんて、サラリーマンにはない特権とも言えるじゃないですか。
それができる自由を楽しみましょう。(笑)

とにかく、毎日の作業が本当に大切なのだと、私は思いますよ。

まとめ

本業や子育てをやりながらの副業は、思っている以上に「やる気」と「時間配分」に悩まされると思います。

私も子供に作業を邪魔されたり、いちいち「お父さん、これ何?」と質問責めにあったり、ピーピー夜泣きに遭遇したり、と…。作業が途中で中断するなんてザラでした。(苦笑)

ただ、副業を通して実現させたい自分の未来像は、一時も忘れたことはなかったです。
そこは、家族のためにもブレずにいこうと、決心していました。

そのおかげで、私はいまでは「副業」から「専業」になることができたので、諦めなくて良かったなとつくづく思いますよ。

私が独立するまでの過程や経緯は、こちらに詳しく書きましたので、興味ある方はぜひ。

ビジネス経験「無し」の30代サラリーマンが「副業」から「独立」するまでの経緯。
はじめまして! このブログ【4papaBlog】を管理・運営している”戸辺ケイジ”です! 数あるブログの中から、このブログに興味を持ってくださりありがとうございます。 私は現在、北関東の海なし県に住んでまして、1986年生まれ...

副業がどうしても続かない…という方は、遠慮なく私にご相談下さいね。

やり方が正しいか分からないと続けるのが難しいと思いますし、所帯持ちの方の気持ちであれば、私もよく分かりますので。(笑)

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。
お問い合わせや相談はコチラからいつでもどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました