【180度変わった】私の人生を変えるキッカケをくれたオススメ書籍を大公開!

プライベート

どうもこんにちは、戸辺ケイジです。

聞いて驚くかもしれませんが、私は30歳になるまで「書籍」と言われるものを、ほとんど読んだことがありませんでした。

もちろん漫画は好きだったので読んでいましたが、ビジネス本とか自己啓発本という類のものは全くといっていいほど読んでこなかったんですよね。

その理由をあげるとすれば、全くもってそんなものに興味が湧かなかったからです。(笑)

でも、今は違います。
ぶっちゃけ、本を読むようにするだけで、自分の中の世界観が劇的に変わります。

今考えても、本を読まない30年間は、ホントもったいないことをしてきましたね。

なぜなら、成功している人の考え方や生き方を吸収するどころか、知ることさえ出来ないからです。

つまり、自分が成功している側の人間になりたいなら、本を読むことは欠かせない行為なんですよ。

まぁそんな私なんですが、本を読むキッカケを与えてくれたのは、じつは「私の妻」でした。(感謝)

世のサラリーマンの働き方や生き方に、もの凄く幻滅していたときに本を読むことを勧められたんですが、あの時の衝撃は今でも覚えていますね。

実際に本を読むことで、様々な悩みが解決していきましたから。

もちろん、「本を読むだけ」で悩みの根本は解決しませんが、本を読まなければ根本的な解決策というのは見つからないものなんです。

ということで今回のテーマは、

  • ビジネス
  • 人生観
  • お金の仕組み

こういった面で悩みをお持ちの方や、お金の仕組みを深く知りたいという方向けに、私がオススメする書籍たちを紹介していきます。

これで私の人生観も180度変わったと言っても過言ではないので、ぜひ参考にしてみて下さい。

オススメできるビジネス本と自己啓発本

ここには写ってないものもありますが、それは電子書籍(kindle)のほうで購入した本になります。

では、個人的な感想も添えながら一つずつ紹介していきます。

【斎藤一人】お金に嫌われない大成功の仕組み【千葉純一】

この本「お金に嫌われない大成功の仕組み」が、一番最初に妻から渡されて読んだ本です。

親の事業がうまくいかず、普通のサラリーマンとして働き始める千葉純一さんが、斎藤一人さんとの出会いで人生が変わるストーリーを描いています。

お金持ちってそういう考え方や行動をするんだなぁと、ドラマを見てるようにイメージできる内容になっています。とてもリアリティーがあるので、一気に引き込まれていった覚えが今でもありますね。

本来の「仕事の楽しさ」というものを教えてくれる、とても親しみのある一冊でした。

【斎藤一人】微差力

先ほどの書籍のお師匠さんである、斎藤一人さんの「微差力」です。

この本はビジネスについてはもちろんのこと、人生の攻略の仕方についても書かれている本で、個人的にお気に入りの一冊です。

どんなに高みを目指そうとも、この微差の積み重ねでしか上にはたどり着けない。裏ワザなんてないんだなぁと実感しましたね。笑

「常に目の前、常に足元」という、本当に大事なことを教えてくれる素晴らしい一冊でした。

【マーフィー】100の成功法則|眠りながら奇跡を起こす

どちらも「マーフィーの成功法則」について書かれている本です。

これは完全にマインド的な自己啓発本になるんですが、一度でも読んでおくと人生観が一気に変わりますよ。

「潜在意識」と「顕在意識」のうちの潜在意識、すなわち人が心の奥底で願っているものがそれなんですが、まずはここから改革することの重要性を説いている本です。

「幸運やお金持ち」と「不幸と貧乏」は相反するものなんですが、無意識レベルのうちに「不幸や貧乏」を願ってしまっていることもあるんですよね。そしてそれが叶うような生き方になる。

マインド面に不安がある人にとっては、この一冊で180度反転することになるかもしれない、それほど衝撃的の二冊です。ぜひご一読ください。

【ゼロ】なにもない自分に小さなイチを足していく【堀江貴文】

ホリエモンのことがよく知れる一冊でありながら、ビジネスの核心をついた言葉が次々と出てくる圧巻の本「ゼロ」です。

「何もない自分に小さなイチを足していく」というように、これからビジネスを始めていきたい人には、背中を後押しされるような素晴らしい内容になっています。

ビジネスの面においても「思考停止してはいけない」というのは同感でした。思考停止したオッサン(私も30代)は老いていくスピードが急激に加速するんですよね….

仕事って何?面白いの?って思いになっちゃってる人にとっては、働くことの楽しさと素晴らしさを改めて実感させてもらえるような、そんな熱い一冊でした。

【佐藤航陽】お金2.0新しい経済のルールと生き方

佐藤航陽さんの「お金2.0」は、今までのお金の在り方と働き方をロジックに、かつ誰にでも分かりやすく書いてある本です。

今までの歴史を見てみても、経済もテクノロジーもすべて進化してきているわけで、今でも変化を起こし続けている中、しっかり時代の波に乗れるかどうかが問われるようになってくるんです。

ブロックチェーンの技術やGAFA(Google,Apple,Facebook,Amazon)の台頭から、どんな世界が実現されていくようになるのか…気になるところですよね。

それらをほとんど素人目線で解説されているので、経済とテクノロジーの変化を知っておきたい人にはとてもオススメの一冊です。

【西野亮廣】新世界

キングコング西野亮廣さんの「新世界」は、なんか異世界の話ですか?って思うぐらいの衝撃の内容に仕上がっていました。

独特の世界観を持っているだけかと思いきや、しっかり実践と検証をされていて、その世界を実現させているところがもの凄く魅力的です。

西野さんは常に新しい時代の流れを開拓されているので、オンラインサロンのような新しいコミュニティーの在り方についても詳しく書かれています。これがメチャクチャ参考になるんですよね。

ビジネス本とも自己啓発本とも違った、実践型の次世代のエッセイともいえるような面白い内容になっていますので、興味ある方はぜひ読んでみてください。

【与沢翼】ブチ抜く力

与沢翼さんの「ブチ抜く力」です。2019年に出版されたばかりの本ですね。

これには見事、自分の価値観もブチ抜かれてしまいましたね。笑

普通の人ならここまでやらないだろ、というところまでブチ抜く力。この人だからできるんでしょ!と思いきや、もしかしたら自分にもやれるんじゃないかと思わせてくれるほど具体性を持った内容になっています。

何事も短期的な目標と長期的な目標を立てて、自らの考えに落とし込んで圧倒的スピードでPDCAを回していく。

自分の考えで選択し行動する、ということの重要さを徹底的に説いている一冊なので、人の意見に左右されやすい人はまず読んでみるといいです。ここでしっかりブチ抜いてもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか?

本を読むためのお金や時間というものは、個人的には120%、自己成長のための投資だと思っています。

自分の頭の中には絶対に無いような価値観や思考力が、本を読むことで一気に取り入れることができます。

一回読んだだけでは「へぇ〜なるほど」で終わってしまうこともあったりしますが、それでも「その一言で人生が変わった」という出会いもあるかと思いますよ。

その出会いがあるだけでも、千円ちょっとの価値は十分にあるはずです。

もし、上記以外にも「こういった書籍がオススメですよ!」というものがありましたら、ぜひ私の方にも共有して下さい!

私の方でも参考にさせていただきます。(笑)

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

実際に私が紹介した本を読んでみた感想などでもいいので、いつでも私宛にメッセージを送ってみてくださいね。

コチラからどうぞ。お待ちしてます!

タイトルとURLをコピーしました