あなたが行動するとき。人から認められるのが先か、それとも後か?

コリュエです。

 

あなたは仕事を任されるようになったら、たとえどんな理由があろうとも、上司や同僚に認められるまでやり続けてしまうタイプですか?

 

または、あなたの後輩や部下に対してそういう思いで指導してますか?

 

「それは当然のことで、いかなる理由があろうとも結果を残さないまま辞めてしまうことは本人からしても何も残らないんじゃないか。」と、そう思われますか?

 

そんなやり続けてしまう、やらせ続けてしまうタイプの人には、私はこう思うんです。

あなたは本当にそれで仕事が楽しいですか?

というか、上司や企業がそういう方針だとマジで危険だな、と。

 

なぜかというと、結果を残して周りからの信頼を得なければいけない。やり続ければどんな物事も乗り越えられる。という決めつけたような気持ちが、本人のやりたいこと、楽しいことを無視してまでも押し付けるような形になってしまうからです。

身も心も粉にして、下手したらうつ病になるギリギリまでやらせること、やってしまうことに、仮に結果が残せても本人は果たして喜びがあるんでしょうか…

いや、喜びなどの感情を抱く間もなく、次の仕事に追われているのがリアルなところでしょうね。

 

いまあなたが任せている、任せられている仕事が楽しくて喜びながらやっている人は、きっと周りが認めていようが認めていなかろうが、自分で勝手に結果を残していくでしょうね。

モチベーションというものは、誰かから与えられるものじゃなく自ら湧き上がっていくものなんですよ。

 

なんでこんな話をしているかというと、今日わたしはこんな話を聞かされたんです。

「自分の仕事もろくにできない人が、『もっとこういうことをやりたいんです。』っていうけど、いまやってることもやれずに、その結果周りからの信頼を得ることが出来てないけど、そんなやつの提案なんて誰が聞くんだよ。物事が進むわけないでしょ。」と。

 

確かにそうかもしれません。

いや正論そのものなんですよ!

けれど私はその瞬間こう思ってしまいましたね…

 

「じゃあ周りに100人いたら、100人から認められなくちゃやりたいこともやれないのか?」って。

むしろ、やりたいことがあるって人が本当にやりたいことを前向きに楽しくやっている人にこそ信頼は集まるんじゃないか。ってね。

 

人には向き不向きって必ずあるんですよ、その人の長所と短所がそれぞれ違うように。

それを本人の意思から逸れた仕事をやらせ続けてしまい、結果を残すまで離れちゃいけないとか、それじゃ奴隷と変わりませんよね。

いくら誰々のためだとは言っても、本人に無理強いさせてては発展も何もありませんよね。

 

さて皆さんはどちらの考え方ですか?

 

【周りからの信頼を得てから、自分のやりたいことをやる。】

【自分のやりたいことをやって、結果信頼を得れればそれでよい。】

 

ちなみに私は後者のタイプですw

人の信頼を行動する前から求めていないし、万人に認められようとも思っていない。というのが本音ですね。

 

さらに重要なポイントは【スピード感】ですよね。

はっきり言って後者のほうが断然スピードは早いです。周りの信頼を失うスピードも早そうですが。笑

じゃあ何が早いかって”行動”が早いんですよね。

そうなると改良改善するスピードも早い。

結局会社や人が発展するスピードも当然早くなるんです。

 

今の時代はとても流れが早いです。そして早くて速いものが勝つようになってます。

インターネットが出てきてからIT革命が起こり、IoTやブロックチェーンのような様々な技術も出てきています。会社も人も常に新しいことに挑戦していかなければ競争相手には勝てません。

 

何事も遅いということはつまり現状維持の時間が長いんです。

現状維持は横線に見えて、実は衰退でしかないんですよ。

 

まずは自分自身の考え方から言動まで、一年前、一か月前、昨日に比べてよりよくなっているか見つめなおしてみるといいかもしれません。

それで自分が現状維持なのかどうかがわかるかもしれません。