【悲報】会社を変えようとすればするほど落ち込むだけです【自己成長が近道】

マインドセット

どうもこんにちは、戸辺ケイジです。

同じ会社に10年勤めました。
すると、会社の問題点や改善点がたくさん見つかります。

しかしそこで、

  • 会社を良くしたいから経営方針を変えたい
  • もっと効率よく仕事をするために上司を変えたい

ということに対して努力し続けても、その悩みを根本的に解決することはできません。

なぜなら、経営方針を司っている『経営者』を変えることなんて、ほぼ不可能だからです。

むしろ問題が解決しないどころか、その努力は徒労に終わり、自分が落ち込むだけですよ。

会社を変えるために努力するより、自己成長していくために会社で努力するほうが、人生勝ち組です。

その理由を解説していきます。

会社を変えようと努力しても特に何も変わりません

まず、前提として会社というのは変わりません。
理由は下記の通り。

  • 経営者(社長)の方針は変わらないから
  • 上司を変えても環境は変わらないから

追求していくと、すべて会社の経営者(社長)の方針にたどり着きます。
ここを変えることは、ほぼ不可能なので、会社を変えることはできません。

その理由を一つずつ掘り下げてみましょう。

経営者の方針を従業員が変えることはできない

逆を言うと、一従業員が経営者の方針を変えることができたら、会社の秩序が乱れます。
そうなると、従業員に振り回される会社に成り果てますよね。

経営者はこれを分かっているはずなので、そう簡単に会社の方針を変えることはしないはずです。

しかし、中には「従業員も協力会社もみんなが納得する会社」を作ろうとする経営者がいます。
周りが納得しないと決断できない経営者は、何も行動に移せなくなり、次第に会社全体の士気が下がります。

  • みんなが納得する会社を作る → 個人も組織も成長できない
  • みんなが成長できる会社を作る → 個人も組織も成長していく

あなたが今いる会社の経営者は、どちら側の方針を持っていますか?

周りに合わせようとするあまり、決断力が鈍くなっている会社だと、あなた個人の成長もなかなか見込めなかったりするかもしれません。

上司が変わっても会社の方針は変わらない

よく「上司が理解してくれない」や「上司の考えが理解できない」といった声を聞きます。
だからといって、たとえ上司が変わったとしても、会社の方針が変わることはありませんよ。

その理由としては、基本的に経営者の方針に沿った人材が上司として選ばれるようになるからです。

つまり、その上司を育てて立場を与えたのは、その会社の経営者であるということです。

いまの上司を変えても、会社自体を変えない限り、同じような思考を持った上司が再来する可能性が高いです。

  • 係長を決めるのは「経営者」
  • 部長を決めるのは「経営者」
  • 専務を決めるのは「経営者」

ぶっちゃけ、こういうことです。
いくら周りが騒いでも、最終的な決定権のすべては「経営者」にあるんですね。

『会社を変える』は『経営者を変える』のと同じこと

会社を変えたいのですか?
それはつまるところ、経営者を変えたいというのと同じことです。

会社(経営者)を変えることに必死になっても、ぶっちゃけ得られるものは何もありませんよ。

  • 会社を変えたい → 変えられず消耗する
  • 上司を変えたい → 変わっても方針は変えられず消耗する
  • 経営者を変えたい → 方針もヒトも変えられず消耗する

これが事実だと思います。
会社を変えることよりも、会社を利用して自己成長するほうにシフトしたほうがいいです。

そのように視点を変えてあげると、お互いに伸びしろが生まれます。

会社を変えるより自己成長を優先させると良い

「会社を利用する」と言うと語弊があるかもですが、ここで思考停止してしまっている人も少なくないはずです。

  • 会社の「ヒト・モノ・カネ」を使って楽をする → 『×』
  • 会社の「ヒト・モノ・カネ」を使って挑戦する → 『〇』

会社という環境に甘んじて、全く挑戦もしないでいると、自己成長できずに衰退します。
しかし、会社の資産を使うこと自体に嫌悪感を持つことも、何も挑戦できずに衰退しますよ。

会社を利用することで自己成長し、能力をフルパワーで発揮できるようになれば、会社も得をするようになるものなんです。

理由はシンプルに、売り上げに貢献してくれる人財に育つようになるからですね。

なので、会社の社員という立場を利用して、お互いの発展のために自己成長していくことにシフトしていくべき。

会社に対する愚痴や不満は極力なくす

逆に、会社が思うように変わってくれないとか、何もしてくれないと考えてばかりいると、愚痴や不満が募ってしまいます。

結局、会社を変えることができず、会社を利用することもできずにいると、口だけが動くようになっちゃうんですよ。

  • 「会社を良くしたいんだけど、上司がアレじゃなぁ…」
  • 「社長を社長らしくさせたいけど、言っても無駄だからなぁ…」
  • 「会社のモノを私的に使うのは、人としてダメだろ…」

こんな感じで、学者並みに口が達者になります。
しかし、行動は凡人以下になってしまいがち。(苦笑)

これだと自己成長もできず、会社も良くならず、悪循環にハマります。

自己成長すると会社を変える必要がなくなる

要するに、会社をうまく立ち回り、自己成長できるようになると、次第に視野が広がっていきます。

視野が広がると同時に、あらゆる物事に対して柔軟に捉えられるようになるんですね。

会社に対しても、捉え方が以下のように変わります。

  • 「会社を変えたい」
    →会社は変わらなくとも、自分は成長し続けよう
  • 「経営者を変えたい」
    →経営者は変わらなくとも、自分は成長し続けよう

自分と会社を切り離して考えることが、何より大切なことです。

ただし、切り離さないように洗脳してくる会社や上司も多いので、ここは要注意です。

  • 会社が発展すれば、我々も発展するだろう
  • 会社が傾けば、我々も滅びるだろう

少し極端な言い方かもしれませんが、これに近いニュアンスで洗脳してきたりもするので気を付けましょう。

よく分からない協調性を押し付けてきたら、その会社や上司は危険信号かもしれません。

こういった規律が会社で蔓延している、もしくは、愚痴や不満で溢れているならば、その会社での成長は難しいので自ら動き始めることが大切ですよ。

私はこういった危険信号を感じたので、個人で「副業」を始めました。

会社依存からは脱却できるし、収入の柱を別で立てられるようになるし、自己成長もできるので、一石三鳥です。

副業を始めるに至った過程については、こちらで書き綴りました。

ビジネス経験「無し」の30代サラリーマンが「副業」で収益を手にするまでの経緯。
はじめまして! このブログ【4papaBlog】を管理・運営している「戸辺ケイジ」です! 数あるブログの中から、このブログに興味を持ってくださりありがとうございます。 私は現在、ほぼ群馬よりの埼玉に在住してまして、1986年生...

それでは、今回はこの辺で。

会社を良くしたいという気持ちも分かりますが、それで悩み続けてしまうようであれば、「本当にこのままの人生でいいのか?」といったことを、一度向き合ってみるといいかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
お問い合わせや相談はコチラからいつでもどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました