暗号資産であるビットコインって一体どんなもの?今後に将来性はあるのかを分かりやすく解説します。

ビットコインと円

 

みなさんこんにちは、ケイジです。

 

2018年に入り、仮想通貨(暗号通貨)と呼ばれるものが、良くも悪くもとても話題になっていますね。(※最近では「暗号資産」と呼ばれるようになりました。)

 

とはいえ、皆さんの身近なものとはまだ言えない存在であるものだとは思います。ニュースやテレビ番組でも数多く取り扱われるようになってきました。

革新的な技術が使われている仮想通貨なので、知らないこと、分からないことがたくさんあるかと思います。

 

2017年末にはビットコインが1BTC=200万円を超える価値が付き、現在は50万円ほどを推移しています。

ここで疑問に湧いてくると思いますが、そもそも何なのか分からない怪しいものに、そこまでの価値がなぜ付くのでしょうか?

 

今回は、仮想通貨やらビットコインの正体は一体なんなのか、またそれらがどのように私たちの生活に関わってくるのかを、初心者にも分かるように解説したいと思います。

ケイジ
これからの未来に必要なものとして世に広まっていくことでしょうから、今のうちに詳しく学んでおくようにしていきましょう!

暗号資産である「ビットコイン」とは何なのか?

仮想通貨の代表的なものとして【ビットコイン】と呼ばれるものがあります。それ以外の仮想通貨も存在しており、総じて【アルトコイン】と呼びます。

ビットコインのような仮想通貨とは、言わば目に見えぬ形のないお金のことなんです。中には通貨の役割というより燃料のような役割のものもありますが、ここではビットコインのような通貨についてのお話しです。

 

私たちの身近なお金といえば、もちろん【円】ですよね。日本に住んでいれば、価値の交換手段として日本円を使います。

アメリカでは【ドル】であり、韓国では【ウォン】です。

ここ日本で買い物をしたい韓国人の方が、「私は韓国人だから会計はウォンで」と言われても困っちゃいますよね。笑

 

でも、それはなぜでしょうか?そもそも疑問に思ったことすらなかったことだと思います。

その理由としては、日本ではウォンを扱っているところがほとんど無いことと、その価値が同等かどうかも分からないからではないでしょうか。

 

当然、逆パターンでも同様です。韓国で日本円はほとんど使えません。

そんな中で【ビットコイン】であれば国境の隔たりが無く、全世界共通で使うことが出来る通貨になっていますので、現在注目を集めているわけなんですね。

ビットコインと電子マネーの違い

それでは、ビットコインと電子マネーとの違いは何なのでしょうか。

 

電子決済できるものの中には、クレジットカードやwebマネー、suicaやnanacoなどがありますね。

 

電子マネーとは、そもそも硬貨やお札を必要とせずに、より快適で便利に電子決済できる手段として作られたものです。

ですから、電子マネーを発行している企業が必ず存在し、そこに日本円をチャージしてあげなければ使用することが出来ません。

つまり、その会社を信頼したうえで、あくまでも日本円を電子マネーという形に変換して使っているだけということになります。

 

一方でビットコインは、【円】や【ドル】などと同じく一つの通貨として存在しています。

姿かたちなくとも、世界中で通貨としてその価値が認められて存在しているのです。

ケイジ
それだけでも画期的な存在と言えますよね。

暗号資産である「ビットコイン」の特徴とは?

世界中どこでも使うことが出来るということであれば、どこかの国の誰かが管理しているのでしょうか?

いいえ、そうではありません。ビットコインを管理している中央機関は存在しません

 

ビックリすると思いますが、ここが今までにない革新的なものなんですね。

これまでの通貨はすべて中央集権型であり、国や銀行によって管理されお金の価値と信用が守られてきました。

ビットコインは分散型で管理されているため、中央管理者を置かずとも、そこに参加する人たち皆によってデータを管理し合い成り立っているんです。

そうすることにより、中央機関を介すことなく個人間(Peer to Peer)でやり取りを行なうことが可能となっています。

 

でもそれって本当に大丈夫なの?って思いますよね。笑

 

このビットコインを支えている技術にブロックチェーン」と呼ばれるものがあるんです。

2009年から取引が始まって以来、ビットコイン自体に不正が起こることもなく、一度も止まらずに動き続けているだけでも、その技術のすごさがわかりますね。(※仮想通貨が流出したのは通貨自体の問題ではなく、取引所の管理の問題でした。)

ブロックチェーンによって、ビットコインは今なおその価値が失われずにいるといっても過言ではありません。

 

また、個人間で決済が出来ることによって大きなメリットが生まれました。

それは海外へ送金する際にも、送金速度がとても速く、手数料も安く、さらには24時間いつでも操作することが可能になるということなんです。

 

もちろん銀行という機関を介さなくても済むため、銀行口座を作る必要もありません。

日本ではあまり無いことかもしれませんが、海外では口座を持たない人も多くいるんですね。

でもそういった人たちでも、スマホやパソコンがあればいつでもビットコインを受け取ることが出来るということにもなるんです。

 

さらに言うと、自国の通貨が信用することが出来ない国もあり、実際に暴落してしまったところも少なくありません。

もしもの時に備えて、金(ゴールド)と同じようにビットコインを所持することで、自己資産を守ることにもなるんですね。

 

そう考えるとすごいことですよね!もう一度、以上のことをまとめてみます。

  • 中央機関が存在しない
  • 個人間(Peer to Peer)で決済が可能
  • 24時間決済のやり取りができる
  • 手数料が安い
  • 送金速度が速い
  • 資産を守れる

暗号資産とブロックチェーンの将来性

いかがでしたか?

ビットコインについてお話ししてきた中でも、実はまだまだ課題はありますし実用性もこれからですが、仮想通貨の可能性が少しでも垣間見れたのではないでしょうか。

 

現在私たちの生活の中でも、ビットコインに使われているブロックチェーン技術は既に様々な場面で浸透しつつあります。

その技術を用いれば不正や改ざんをすること自体が困難なため、決済はもちろんのこと、ゲームで稼げるようになる世界も近付いてくるでしょう。

 

とはいえ、アルトコインの中には詐欺みたいなものもあり、取引所がハッキングされて通貨が流出してしまったりと問題はまだまだあります。

投資という観点から見ても、価格変動が大きく不安定な状態は否めません。

もしかしたらビットコイン自体に価値がなくなってしまうかもしれませんからね。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です